メルマガ発行方法

メルマガ発行

こめこめ情報を書き始めたのですがガラケーのお客様向けのテキストメールでのメールを再度送ることになりましたのでその紹介と登録方法も載せねばということになりましたが今まで使っていたメルマガ配信システムは、発行数も少なく解約するのでどうしようかとネットで調査。

その中でWordpressから直接メール配信が出来て読者管理もオートマチックにやれるという夢のようなアプリがあることを知りました。(もっと早く知っていれば。。。)とにかくこのメールアドレス登録フォームが出来ないとこめこめ情報も進まないので今日のお昼過ぎから取り掛かりました。

subscribe2

アプリはSubscribe2。ブログも記事を書くごとに書いたよとメールを送れさらに記事のカテゴリ登録したかたのみにそのカテゴリの記事を書いたらメールを送れるという優れもの。日本語化もされていて自動で読者登録もできるというのでこれしかないとすぐにインストールしてみました。で有効化してみるとブログのドメインがkatakome.comでメールがkatayama-kometen.comということでドメインが違うのでエラーが出てしまい急遽katakome.comでメールアドレスを作り形になりました。早速自分のアドレスを3~4個登録して解除、さらに試しに送信してみると困ったことが。。。。

登録するとこんなメールが届きました。

welcome

気になってレビューページを見てみると「CAUTION! WARNING! DO NOT INSTALL !!」とか「Terrible, terrible plugin」「Do not install. Now a spam bot」などおそろしいレビューの数々が、、、、試してみて気が付いてよかったです。

これは使えないので他にはないかと探して今度はこちらを

milpoetnewsletter

こちらはなんとGmaiからも送れるそうです。でも発行数が100通もないのであまり関係ありません。早速インストールしてお試し。メールアドレスを登録してさてメールを送ってみようとメールを書こうとしたらなんとHTMLメール書けない仕様。ガラケーへのシンプルなテキストメールを送りたいので困りました。

同報メールやメールアドレスの登録フォームを作り手作業で購読者の管理をしてkatayama-kometen.comの買い物カゴについているメルマガ機能で送ろうかなと思って今度は登録フォーム探し。その途中で「MailPoet Newsletter テキストメール」でググったら同じよう方がいてHTMLメールもガラケーではテキストだけで受信するとありましたのでやはりこれでいいのかなということに。

ただXサーバーのメール送受信制限がちょっと気になったので見に行くとなんと1,500通/時間、15,000通/日。もう余裕の世界です。というか1日15000通送れるならメルマガ送信システムで6000通ほど送ってましたが必要なかった。。。

そしてそんなに送れるのならとよく見たらXサーバーにはなんとメルマガ機能があった!

xmail

灯台下暗しでした。フォームもあるので登録フォームを使ってメルマガはここから出せばまず間違いないですし外国のアプリに任せるよりは安心です。ということでせっかく使えるようにセットアップしたMailPoet Newsletterは削除してXサーバーのメルマガ機能をセットアップ。登録フォームを設置して試しに登録・解除・そしてテストメールを発行しましたが全く問題ありませんでした。解除がメールアドレスを入れて送信。届いたメールのURLをクリックとちょっと面倒になりましたがこちらでこれから発行したいと思います。

昼過ぎから初めて仕事の合間にやって終わったのが10時過ぎ。ちょっと久しぶりに集中できました。

それにしてもXサーバー恐るべし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする