おもてなし弁当

今夜は、おもてなし弁当。斉藤精肉店さんと馬淵大阪鮨支店さんがコラボしたお弁当です。とても美味しかったです!これで1000円とは恐るべし!

斉藤さんは、いつも違った切り口での商品をしようかいされます。お肉をいろんな形で見せてます。こういった取組は、次は何を紹介してくれるのか?と楽しみではありますが出す方は、いろいろと作戦を練って大変だと思います。
お米もこういった切り口で紹介していかないとです。

お弁当に内容(大阪鮨さんのブログより転載させていただきました)

◆嶺岡豆腐(牛乳、出汁、ゴマ、本葛を練り上げて作ります)

◆和風チヂミ(そば粉で作ります、三保の遠藤さんのネギやアサリやイカが入ります)

◆生春巻き(オニクヤサンの吊るし熟成豚で作る自家製ももハム入り)

◆富士宮ニジマス燻製のサラダ仕立て(燻製したニジマスに自家製ジェノバソースが良く合います)

◆牛肉とゴボウのしぐれ煮(オニクヤサンの牛しぐれ煮にゴボウをトッピング)

◆肉嫁コロッケ(肉嫁さんをイメージしたface25特製コロッケです)

◆スペアリブ(吊るし熟成豚の骨つきリブがホロホロになります)

◆日南鶏の炊き込みごはん(もち米を加えてモッチリ食感)

◆馬渕大阪鮨の玉子焼き(新間の卵を使って焼き上げます)

iphoneから送信。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする