日大三島戦

719

昨年秋の県大会1位2位が1回戦で当たるという大変な組合せになってしまいました。日大三島の小澤君は、150キロ超の球を投げるプロ注目の投手です。内野は満員札止め(慣習16000人)で外野席が解放されたそうです。京都から逐一スマホでチェックしてましたが勝ててよかったです。

草薙球場では第1試合、春夏を通じて3季連続の甲子園出場を目指す静岡が、大会屈指の右腕・小沢を擁する日大三島に5-2で勝利した。静岡は一回、出塁した先頭の鈴木が二盗を決めると、犠打で好機を広げ内野ゴロの間に先制。三回にも堀内、安本の連打で3点を追加した。日大三島は中盤に2点を返したが、届かなかった。

シェアする

フォローする