もしかしたら

二月だったかNHKBSで山田洋次監督の100選のなかで神様のくれた赤ん坊を評価してました。この映画劇場で見たなあ、結構面白かったと思っていたのですが今朝の朝刊でテレビでやるのをみつけてすかさず録画予約しました。

夜遅くから見始めました。赤い車での三人旅。北海道でなくて九州ですが警察に御厄介になるところ、布団の引き方、そして桃井かおりと幸せの黄色いハンカチとかぶる所が目につきました。
若い泉谷しげるをはじめとする出演者。昭和の香りそのままの当時の街並み。西鉄ライオンズなど懐かしさ一杯の映画でしたが覚えていたのは最後の赤い橋の上でのセリフと音楽。髙橋真梨子のこの「もしかしたら」という曲、ベスト盤をもつていたのでよく聞いていてそれで覚えていたのかもしれません。あっというまに最後まで見終えてどこで見たのかを思い出してみました。

公開は、寅さんの春の夢との併映でしたがそれで見たのかどこかの名画座で見たのかは思い出せません。
ただいい映画というのは、いつ見てもいいものです。

iphoneから送信。

シェアする

フォローする