カミアカリドリームNO.9

カミアカリ

アンコメさんのライフワーク、カミアカリの勉強会、カミアカリドリームに参加してきました。午前中中学へ次女の練習試合を見に行ったらすっかりはまってしまい時間に気付かず大遅刻してしまいました。

講師の宮田さんの品種の話。最初からじっくりと聞きたかったです。講師との距離もなくなんか一体感のある講義でした。残念!

続いて松下さんをはじめとして大久保さん、菅井さん、齊藤さん4人のカミアカリ生産者トーク。震災時や震災後の影響、現在の農作業の様子などをそれぞれ話します。同じお米なのに環境によってほんと変わってきますね。

そして最後は、4人のカミアカリをそれぞれ炊飯器と土鍋で炊いての試食会。いろいろとご飯を食べる機会がありますがここでの試食が一番大変です(^^ゞ

もともと同じお米ですがその微妙な違い(微妙じゃない違いもありますが)の表現方法がまた凄く毎回食べながらそんな感触を探すのですが凡人にはわかりません。甘い、柔らかいなどという表現方法しか出来ない自分に落ち込みそしてドット出る疲れで帰ってきました。

あの表現方法は毎回思うのですが自分にとっては神の領域。さすがカミアカリでオチをつけておしまい。

アンコメさん お世話になりましてありがとうございました。

シェアする

フォローする