つや姫!

ギフト

午前中ネットでのつや姫のご注文が10件ほど。またテレビでやったのかと思いTwitterでつぶやいたら「やったよ」と教えていただきました。情報ありがとうございました。当店のつや姫のページは作ったばかりですし検索でもほとんど出てこないのですがどうやって来られたのかありがたいことです。検索で上位のお店は大変だったのではないでしょうか。番組の内容は全く知りませんがどんな内容だったのでしょう?

今日は、最初からギフトのご注文を多くいただいていて突発的に10件ほど入ったのでもう集荷に間に合うかどうか心配でしたがヤマトさんに5分ほど待ってもらい何とか間に合いました。

写真は今回ご利用いただいたギフト。魚沼産コシヒカリ5キロを大黒俵に入れて9セットご利用いただきました。

テレビなどでご注文をいただくのはとてもありがたいのですが在庫が少ないお米ですと年間通して販売できなくなるので痛し痒しです。こちらもそれだけの在庫を持てばいいのですが土佐天空の郷ヒノヒカリつや姫も絶対的な数量が足りません。売り切れ御免でしょうがないのかな~と思いますが継続的に買っていただきたいものです。

月曜日に納品するお米の在庫がなかったのですが19時の閉店時間までどたばたしてましたのでなんかもう精米する気力もなく月曜日の午前中に持ち越します。休みの合間ですのでまたドタバタしそう。

なんとか嫁さんとスタッフ0さんの3人体制で頑張ってます。

シェアする

フォローする

コメント

  1. 由美 より:

    日本テレビの「ウェークアップ!ぷらす」って番組で紹介されたみたいですよ。内容は、こんな感じ。
    猛暑により米の品質が大きく悪化した今年、1等米の収穫率は激減。だが、山形県で猛暑をものともしない新品種「つや姫」が誕生した。10万分の1の確率で選抜されたという。
    アナウンサー・キャスター・リポーターが山形県農業総合研究センター 水田農業試験場を訪れ、暑さに強い秘密を聞いた。
    明治時代に山形県で誕生した、亀ノ尾という品種をVTRで紹介。この米から、コシヒカリ・ひとめぼれ・あきたこまち等の多くのブランド米が誕生した。亀ノ尾を作ったその他一般人の子孫・その他一般人や資料館を取材。
    再び山形県農業総合研究センター 水田農業試験場での取材風景が流れ、職員らが米のテイスティングを行っていた。研究員に話を聞いた。
    西宮阪急で「つや姫」をアピールしている、山形県知事・政治家さんを取材。
    「つや姫」は大阪でもひと足早く注目されていたという。
    やはりテレビの影響力は凄いものがありますね~(笑)

  2. こめこめ より:

    由美様
    こんばんは!
    情報ありがとうございます!
    こういうことだったんですね。
    ほんとテレビの力、恐るべしです。
    しかし物自体が少ないのが一番の問題です。