先生からの取材

このブログ、一ヶ月も溜めてしまい友人からはどうかしたの?とか聞かれてしまいました。メモは残しているので過去にさかのぼって少しづつ出来るだけ埋めていこうと思います。まずは今日の分から。

今日は、午前中は玄米石抜きを。午後は某所から30分ほど取材がありました。そして閉店前に某小学校の5年生の担任の先生がご来店。いろいろと「伺っても良いですか?」と聞かれていろいろといい質問をしていただきました。

聞けばこれから5年生のお米の授業をしていくそうなのですがいろんな種類のお米を食べさせたり生産現場からどうやって消費者まで届くのか。生産者の熱意などは伝わっているのかなどを子供に教えるというかお米の違いはどうしてできるのかなどを教えたいということで検索して当店に来ていただいたようです。なんか先生の鋭い質問から先生のもっと子供にお米の事を知ってもらいたい!という熱い想いがひしひしと伝わってきました。

こんな先生に教えてもらう生徒は、幸せです。店内に掲示してあるお米一杯の値段のポスターもすごく気に入られたので1枚余分があったので進呈しました。店内の写真を撮ってもいいですかと聞かれてパシリパシリと。私の写真も撮っていかれました。どのように紹介していただくのでしょうか。

帰り際にお米マイスター出前授業のセールスをさせていただきましたがここまでお米に対する熱い想いを持っている先生は、初めてでした。子供たちもきっとお米に興味を持ってくれると思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする