水車の里

朝9時に旅館を出て那須にある瑞穂蔵さんで昼食です。水車が回りお米を搗けるようになっていて大きな獅子脅しもありそこでも大豆やそばを粉にできるようになってました。ごはんは竃にひとり張り付いて炊いていてでてきたごはんには「おこげ」もはいってました。田舎膳をいただきましたがとってもおいしかったです。

ショップの方はいろいろと試食できるようになっていて店内真ん中には座ってお茶を飲むスペースもあり私がやりたいなあと思ってることをすべてやっているお店でした。そんな中で稲穂に招き猫がついたのを発見。即購入しました。こんなのを前からほしかったんです。この瑞穂蔵さん、実はお米屋さんで第11回優良米穀店全国コンクール食糧庁長官賞受賞店です。(当店は第13回でいただきました)食後に町田に向けて出発です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする