最後の卒業式

三番町小学校最後の卒業式に出席してきました。スタッフSさんに9時までに来てもらうように頼み今日だけは9時開店として8時過ぎに出ようとしたら電話が・・・。お客様から大至急もち米5升分のご注文でした。在庫がなくて今日精米する予定だったのですが急いで精米袋詰めして配達してきました。なかなか予定どおりにはいかないものです。

卒業式の会場を見てびっくりでした。生徒が主役の卒業式で生徒が壇上にひな壇にしてすわります。中心に演台があり両側にそれぞれのクラスの保護者と来賓、教職員が並びます。そして卒業生と向き合う形で5年生が座っていました。

卒業生は各クラス1名づつ2名が整然と入場していきます。卒業証書授与では一人の名前が呼ばれるとこれからの夢を大きく語ってから証書を授与されます。そのまま保護者席の保護者の席に行き手紙を渡していました。

自分達の頃の卒業式といえば順番に壇上に上がりもらっていましたがこのやり方はよかったです。子供たちも大きくなりました。年少の時からの仲間が多くその頃から知っている子がとても多いので感慨深いものがありました。

式中、保護者はハンカチを出している方が多かったですが卒業生はしっかりとしたものでした。

送辞と答辞は、5年生、6年生が全員で順番にしゃべりたいしたものでした。最後の卒業式、出席させていただき本当によかったです。私は卒業式後に帰宅しましたが保護者と卒業生は教室に戻り先生への感謝の会を行いました。担任のT先生はずっと泣きっぱなしだったようですが温かみがあっていいですね。私もいたらもらい泣きしていたと思います。

先生方6年間本当にありがとうございました。

三番町小学校のイベントもあとは閉校式(3月25日)をのこすのみとなりました。

シェアする

フォローする